さくら那須モータースクール

教習所案内

  1. HOME>
  2. 教習所案内>
  3. 用語集>
  4. 深視力とは

深視力とは

通常の視力検査が静止している物体の形状を見分け、またどれだけよく見えるか、見え方のレベルを図る事に対し、深視力は物体が動的に動いた場合の遠近感や立体感を図る検査になります。
運転者に車間距離や走行時の車や標識、信号機などの距離間を正確に目が捉える能力が備わっているかは、安全運転する上で重要なファクターです。

深視力検査が必要な運転免許

大型免許 中型免許 準中型免許 けん引免許 普通二種免許 中型二種免許 大型二種免許

ポイント

通常の視力検査で適性視力が出ても、深視力検査がクリアできないと入校できません。

深視力検査の内容

検査は三桿方式で3回行われます。
①箱状の検査器機を覗くと3本の棒が並んでいるのが確認できます。

②3本の棒の内、真ん中の棒が奥に、手前に動きます。

③その3本の棒が重なる(並んだ)ようにボタンを押し、真ん中の棒の動きを止めます。

3本の棒がピッタリか、ズレているかその並び具合で遠近感を図るというものです。

深視力検査の内容
ポイント

合格基準は3回検査した平均誤差が2cm以内になります。

検査に合格するために

目の状態はパソコンやスマホの活用しているため自分が思っているより悪い場合があります。去年は視力1.2出ていたから大丈夫と思っても、実は遠近感を感じる能力に問題があるというパターンもあります。
目の状態は徐々に悪くなるため自分ではなかなかその状態に気づきにくいため、入校前に眼科で目の状態を調べてもいいでしょう。

眼鏡店で事前検査する

一部の眼鏡店では深視力検査を行っていますので、入校前に目の状態や検査の方法を知る事が可能です。
乱視がある方や左右の度数が極端に異なると深視力が出にくい傾向にあります。
また事前に検査する事で棒の動きや見え方、ボタンを押すタイミングが分かるため、検査の感覚がある程度掴めると思います。練習すれば本番一発で通る可能性が高まるでしょう。

入校前日は目を休める

目が疲れていると本来持っている目の能力や機能を十分に発揮する事はできません。
特にスマホやゲームばかりしていると目の焦点が近いものに固定されてしまうため、動いている棒の距離感が掴みづらいです。
入校前日は夜更かしやスマホの使用を控え早い時間に就寝し、目をしっかり休ませましょう。

特殊車は深視力が大切

車体が大きいトラック(大型、中型)が事故を起した場合、自分のみならず周りの車や交通状況に悪影響を及ぼします。
例えば、いつの間にか前の車との距離が近づいていた、ミラーで後ろの車の位置が掴みにくいなんて事がないように、目は常に正常な状態でいる必要があります。
タクシーやバス等の二種免許も同様で、お客様を安全に目的に送りとどけるためには、運転技術もさることながら目が正常に機能している事が大切です。
日頃目の能力を意識することなく運転していると思いますが、経験則だけにに基づく運転は危険と言えるでしょう。

お問い合わせ先

合宿免許のお問合せは直営【那須高原合宿予約センター】

TOPへ